全国どこでも、誰でも 東京2020教育プログラム
「ようい、ドン!」

大会組織委員会の教育プログラムとは

オリンピック・パラリンピックは、アスリートにとってのスポーツの祭典としてだけではなく、
子供たちにとっても、チャレンジ精神やフェアプレー精神などのスポーツの価値を理解したり、
障がいを持った方や海外の文化・社会などの多様性に関する理解を深めるきっかけになるなど、
将来の国際社会や地域社会で活動していくための貴重な機会となります。

組織委員会は2020年のオリンピック・パラリンピック大会が、全国の子供たちが将来に向かって成長し、
生涯にわたってかけがえのないような財産となるように、
「東京2020教育プログラム」(愛称:「ようい、ドン!」)を展開しています。

詳細はこちら

教育プログラムの
実施に向けて

オリンピック・パラリンピックに関する教材がダウンロードできたり、
関係機関が実施する事業・イベントに参加することができます。

教育プログラム「ようい、ドン!」

教育プログラムの事例紹介

  • 三井不動産株式会社
    三井不動産スポーツアカデミー
    for TOKYO 2020

    東京2020ゴールド街づくりパートナーとして、2020年に向けた気運の醸成
    これらを目的にオリンピアン・パラリンピアンによるスポーツ教室を開催。
    スポーツの力を活用した街づくりの推進やスポーツが暮らしに広く浸透し、体を動かす楽しさやコミュニティ作りのきっかけを提供。

  • 東京ガス株式会社
    障がい者スポーツ体験型校外学習

    東京2020大会を目指すパラアスリートとの交流や競技用義足やアイマスク(目隠し)ランの体験を通して、パラスポーツを身近に知ってもらい、障がい者スポーツへの興味・関心を高めるきっかけとするイベント。

ページトップへ戻る