ONE TEAM PROJECT

04 高橋 陽一

特別インタビュー
目標や夢に向かって夢中になる、
夢を追い続けること―。

日本だけに留まらず世界中のサッカー文化に影響を与え続けているサッカー漫画のレジェンド「キャプテン翼」の作者である高橋 陽一先生。
サッカーだけでなく、オリンピックもたびたび現地で観戦されるなど、スポーツは、描くのもするのも観るのも大好きだという高橋先生に、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会への思いを語っていただきました。

インタビューを受ける高橋先生
翼くんとブラインドサッカーの選手が肩を組むイラスト

高橋先生が語るオリンピックへの想い

170円だった頃の少年ジャンプやロベルト本郷モデルのサングラスなど、キャプテン翼のお宝アイテムがいっぱいの高橋先生の事務所でインタビューは行われました。

壁に飾られた絵

最初のオリンピックの記憶は4歳の時の東京大会だと話す高橋先生。しかし鮮烈な記憶として刻み込まれているのは、札幌オリンピックの70m級ジャンプで、日本人選手が金・銀・銅のメダルを独占した時のこと。「以来、オリンピックが大好きになって、アトランタやシドニーにも足を運びました。スポーツは何でも好きですが、やっぱり日本が活躍する競技に注目しちゃいますね」と笑う高橋先生。今回インタビューが行われた高橋先生の事務所の一室には、中央に卓球台が一台、置かれていました。高橋先生はここでいつもスタッフのみなさんと一緒に汗を流し、リフレッシュされているとか。実は、かなり負けず嫌いだという先生。ゲーム中、公正を期すために必ず窓を締め切って、エアコンもOFFにするほどだそうです!

古いものと新しいものが共存する東京の魅力

リオデジャネイロオリンピックの閉会式に登場した際も大きな盛り上がりを見せたキャプテン翼ですが、ネイマールやベンゼマ、トーレスといった、世界のスーパースターたちが、子ども時代に皆、こぞって夢中になったというだけあって、その人気は間違いなくワールドクラス。 「この機会に、世界中の翼ファンが、ゆかりの地である葛飾を訪れてくれたら嬉しいです。葛飾には、翼たちの銅像もあるし、このお店もある。それに古いものと新しいものが共存する東京の魅力も味わえますよ」と、海外からの観戦客にもしっかりアピールしてくれました。

パラリンピックの会場にもぜひ足を運んでほしい

「パラリンピックはオリンピック終了後に開催されるので、どうしても注目度が低くなります。それがとても残念。障がい者の人たちが頑張っているからではなく、競技として、普通におもしろいので、オリンピックはもちろん、パラリンピックもぜひたくさんの人たちに見てもらいたいですね」と語る高橋先生。
翼くんと、 5人制サッカーの選手が肩を組み、力強くガッツポーツを決めたイラストをその場で描いてくれました。下書きなしであっという間に仕上がっていく翼くん。「キャプテン翼」はやっぱり偉大!

翼くんの色紙

「特に今回、野球とソフトボールが正式種目に復活したのは嬉しい。一回限りじゃなく、これからも続いていけばいいなと思っています」と、穏やかな口調ながら、日本代表への熱い思いを語ってくれました。

大空 翼の大きな夢は、日本を世界一にさせるということ。わたしたちも翼くんたちと一緒に走り続け、東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げていきましょう!

ガッツポーズを決める高橋先生

MAKING MOVIE

高橋 陽一[たかはし よういち]
漫画家

1960年、東京都葛飾区生まれ。都立南葛飾高校を卒業後、1980年に、「キャプテン翼」で鮮烈デビュー。同作品は、Jリーグが発足されるずっと以前、日本でサッカーがまだマイナースポーツ扱いだった時代に一大サッカーブームを巻き起こし、日本でのサッカーの普及に大きく貢献した。またその人気は、国内にとどまらず、一時期は、50カ国以上でアニメがテレビ放映されるなど、世界中に多くのファンが存在している。とにかくスポーツが大好きで、サッカー以外にも、卓球や野球、さらに最近では、パデル(※)やフットゴルフにもはまっているという。高橋氏のスタッフによると、「スポーツに限らず一度ハマったものは飽きるまでひたすら続けるタイプ」とのこと。
※スペイン生まれのテニスに似た競技

「NHK アニ×パラ」の第1弾で、ブラインドサッカー選⼿の超感覚と、
繰り出されるスーパープレイを⾼橋 陽⼀先⽣が描いています。

「NHK アニ×パラ」Webサイトはこちら

  • BACK

東京2020 参画プログラムとは

2016年10月より、全国各地で様々な東京2020関連イベントが開催されています。 これは、東京2020大会の 大会ビジョンのもと、スポーツだけでなく、文化芸術や地域での世代を越えた活動、被災地への支援など、 参加者自らが体験・行動し、未来につなぐプログラムです。
あなたの街や地域で開催されるこれらのイベントに参加して、 あなたもいち早く東京2020大会を盛り上げていきませんか?

オールジャパンで大会につながろう!
東京2020参画プログラム スペシャルムービー