ONE TEAM PROJECT

08 JAXA × 東京大学 × 機動戦士ガンダム

特別コラボ企画
「宇宙から東京2020エール!第2弾 “G-SATELLITE 宇宙へ”」

JAXAと漫画「宇宙兄弟」がコラボし、小山宙哉先生書下ろしの「東京2020応援パラパラ漫画」で宇宙から地球にエールを届けた、特別企画第1弾に引き続き、One Team Projectでは、2019年から2020年の東京2020競技大会開催期にかけて、特別コラボ企画「宇宙から東京2020エール!第2弾 “G-SATELLITE 宇宙へ”」を実施いたします。

 

今回は、東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 中須賀船瀬研究室の協力のもと、日本を代表するテレビアニメキャラクター「機動戦士ガンダム」のプラモデル“ガンプラ”を搭載した、小型衛星G-SATELLITEを開発。
JAXAの協力により、2020年3月~4月頃(予定)にISSから宇宙空間に放出され、東京2020大会の期間前から期間中にかけて、地球周回軌道を飛行しながら、東京2020への応援メッセージを地球に向けて発信していきます。

2019年5月15日に行われた
プロジェクト発表会の様子

小型衛星G-SATELLITE!
次回発表は2019年12月を予定!

ISSから宇宙空間に放出され、地球周回軌道に乗った後、ガンダム、シャアザクは宇宙空間に姿を現す。

小型衛星G-SATELLITEイメージ図
*計画段階のイメージ図です。完成時には、上記と異なるイメージとなる場合がございます。

G-SATELLITEに搭載するガンダム、シャアザクの“ガンプラ”は、宇宙空間へ放出される際にはコックピットに格納されています。G-SATELLITEが地球周回軌道に乗った後、コックピットが展開し、宇宙空間に現れる機構となっています。本プロジェクト用に特別に設計されたガンダム、シャアザクの“ガンプラ”は、足元にメッセージを表示する電光掲示板を搭載し、目はオリンピックカラーの5色に光る予定です。また、その様子を撮影するために、小型衛星G-SATELLITEには7台ものカメラが設置されます。

ジャパンパワーの集結!
最新技術が詰まった小型衛星
G-SATELLITE

直径30cmの小型衛星に詰め込まれた最新テクノロジー。80℃の灼熱、マイナス30℃の極寒に耐えうる機構設計を実現。

小型衛星G-SATELLITEの開発は、東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 中須賀船瀬研究室と、福井県・県内3企業の共同研究によって実現しました。搭載するガンダム、シャアザクの“ガンプラ”にも、特殊素材・特殊塗料を使用し、過酷な環境下でも耐えうるよう設計しています。

秒速8Kmで地球周回軌道を飛行。東京–大阪間を1分以内で移動する驚異のスピード。

宇宙空間に放出された小型衛星G-SATELLITEは、地球周回軌道上を1秒間に8kmの移動速度で飛行します。この速度は、東京から大阪間を1分以内に移動する速度です。約90分で地球を1周し、1日に約16周の速度で地球を周回する予定です。

Message from One Team Project Members

  • ONE TEAM PROJECT インタビュー Vol.1
    JAXA 宇宙飛行士 金井 宣茂

  • ONE TEAM PROJECT インタビュー Vol.2
    東京2020組織委員会 室伏 広治

  • ONE TEAM PROJECT インタビュー Vol.3
    東京大学 中須賀 真一 教授

  • ONE TEAM PROJECT インタビュー Vol.4
    機動戦士ガンダム総監督 富野 由悠季

G-SATELLITEの
位置表示コンテンツや
参加型企画も計画中!

ただいま企画計画中

宇宙にいるG-SATELLITEから届いた東京2020への応援メッセージの配信方法、SNSなどを活用した参加型企画など、ただいま鋭意企画計画中です。

「G-SATELLITE 宇宙へ」企画 イノベーター / クリエイター

野口 聡一
[のぐち そういち]
宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士

1965年神奈川県生まれ。東京大学大学院修士課程修了後、石川島播磨重工業(株)に入社。航空宇宙事業本部に所属し、ジェットエンジンの設計及び性能試験業務を担当。1996年、宇宙開発事業団(現:宇宙航空研究開発機構)の宇宙飛行士候補者に選定される。2005年スペースシャトル「ディスカバリー号」による国際宇宙ステーション組み立てミッションに参加、3度の船外活動をリーダーとして行う。2009年、日本人として初めてソユーズ宇宙船に船長補佐として搭乗。ISS第22次/第23次長期滞在のフライトエンジニアとして、ISSに約5か月半滞在し、「きぼう」日本実験棟ロボットアームの子アーム取付けや実験運用などを実施。2017年、ISS第62次/第63次長期滞在のフライトエンジニアに任命される。

星出 彰彦
[ほしで あきひこ]
宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士

1968年東京都生まれ。慶応義塾大学理工学部機械工学科卒業後、宇宙開発事業団(現:宇宙航空研究開発機構)入社。H-IIロケットの開発・監督業務、宇宙飛行士の技術支援等の業務に従事。1999年ISSに搭乗する宇宙飛行士候補者に、古川聡、山崎直子とともに選定される。2008年スペースシャトル「ディスカバリー号」にてISS組み立てミッションに参加。「きぼう」日本実験棟船内実験室のISS取り付け等を担当。2012年ISS第32次/33次長期滞在ミッションのフライトエンジニアとして、「きぼう」の実験などのほか、3度の船外活動、ロボットアームを操作し「こうのとり」3号機の把持を行った。2018年、ISS第64次/第65次長期滞在の搭乗員(第65次ISS船長)に任命される。

金井 宣茂
[かない のりしげ]
宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士

1976年東京都生まれ。その後千葉県で育つ。防衛医科大学校医学科卒業後、防衛医科大学校病院、自衛隊大湊病院、自衛隊呉病院、海上自衛隊第一術科学校等で、外科医師・潜水医官として勤務。
2009年、ISSに搭乗する宇宙飛行士候補者に、油井亀美也、大西卓哉とともに選定される。第54次/第55次ISS長期滞在フライトエンジニアとして、2017年12月から6月までISSに滞在。「きぼう」での実験や、ロボットアームを操作してのドラゴン補給船の把持、船外活動のほか、ONE TEAM PROJECT 宇宙から東京2020エール!企画第一弾を実施。

中須賀 真一
[なかすか しんいち]
東京大学大学院工学系研究科教授 / 工学博士

1961年、大阪府生まれ。83年に東京大学工学部航空学科卒業。88年に同大学院博士課程修了。その後、コンピュータメーカーに就職し、人工知能や自動化工場に関する研究を行う。90年に東京大学に戻り、航空学科講師、同大学先端科学技術研究センター助教授、アメリカでの客員研究員を経て、2004年に東京大学航空宇宙工学専攻教授に就任。専門分野は宇宙工学、特に超小型衛星の研究開発。2003年の世界初の1kg衛星をはじめ、すでに9機の超小型衛星の打ち上げ運用に成功している。

富野 由悠季
[とみの よしゆき]
アニメーション映画監督・機動戦士ガンダム総監督

1941年生まれ。小田原市出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、虫プロダクションに入社、TVアニメ『鉄腕アトム』の演出を経てフリーに。日本の様々なアニメーション作品の絵コンテ、演出を手がける。主な監督作品に『海のトリトン』『無敵鋼人ダイターン3』『機動戦士ガンダム』『伝説巨神イデオン』『ガンダム Gのレコンギスタ』などがある。また、自身の作品の楽曲の作詞、小説の執筆なども手掛ける。一般社団法人アニメツーリズム協会会長を務める。
2019年6月より、巡回展「富野由悠季の世界」の開催が決定。

【主な受賞歴】
2009年ロカルノ映画祭:名誉豹賞
2017年イタリアロミックス:Golden Romics Award

  • BACK

東京2020 参画プログラムとは

2016年10月より、全国各地で様々な東京2020関連イベントが開催されています。 これは、東京2020大会の 大会ビジョンのもと、スポーツだけでなく、文化芸術や地域での世代を越えた活動、被災地への支援など、 参加者自らが体験・行動し、未来につなぐプログラムです。
あなたの街や地域で開催されるこれらのイベントに参加して、 あなたもいち早く東京2020大会を盛り上げていきませんか?

オールジャパンで大会につながろう!
東京2020参画プログラム スペシャルムービー